2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.08/06(Thu)

「原爆詩集」 『序』/『にんげんをかえせ』 

             ちちをかえせ ははをかえせ 
             としよりをかえせ 
             こどもをかえせ

             わたしをかえせ わたしにつながる 
             にんげんをかえせ

             にんげんの にんげんのよのあるかぎり 
             くずれぬへいわを 
             へいわをかえせ 


             とうげさんきち



_0806genbaku2.jpg



今日、8月6日は、広島への原爆投下の日。



なぜだか小学生の頃から、思い返しても異常なほど引き寄せられ、
また子供心ながらに強い使命感を持って、ずっと必死に戦争などの関連本を読み漁ってきた私。
子供の頃から、つらいけど、目をそむけてはいけないという使命感がなぜだか相当強くて。
体験者のお話も、日本人の方からも、韓国人の方からも、
アウシュビッツ囚人だった方などからも、本当に強い関心で聞かせてもらってきました。
テレビの関連番組なども、もちろんのこと。

結局、私の中では、戦争や平和の問題は、
人間がいかにして生きるかということ、また、命の問題に繋がっており、
子供の頃からのまま、ずっと続いていて、私の中の生涯研究のテーマとなっています。



私のホームページでの、<広島のレポート> は途中になってしまっていますが、
広島や沖縄での体験は本当に衝撃で震えと涙が出る、もう表現し難いものがありました。

もちろん行く前から知識はある程度あったりはしました。
ですが、現地でのフィールドワークなどは、本で読むのとも違い、
また、別の場所で体験者のお話をお聞きするのとも、また、まったく違った体験。
そこでしか感じることができないものがあります。

スケジュールの関係で今年もできませんでしたが、
近年 出向けていないので、記念式典にあわせた、広島→長崎→沖縄の旅は、
できるだけ近いうちに実現するつもりでいます。



広島平和記念資料館へ行ったことのある方も、ない方も、ぜひご覧いただきたいです。
<広島平和記念資料館 バーチャル・ミュージアム>

特に私は、「展示をみよう」の「本館」の「生死をさまよう」のコーナーでは、
見た一瞬で、心臓が止まるかと思うほど、心臓を鷲掴みされたかのような
うぅっ!!!!という、息を呑む衝撃を受けました。
本当に 一瞬で、心臓が、バクッ!!!!  苦しかった。
いまだに心が痛く、一生忘れられない衝撃です。(子供は泣く可能性のある展示ですね…。)


そして、その上で、
展示してある時計や生活用品などの 遺品のひとつひとつすべて が、
そこに確かに生きていた ○○さんのもの であり、

その ○○さん△△さん ひとりひとりの生活・背景を背負っていて・・・

それが<慰霊碑>の、ひとりひとりの名前に重なって・・・

生身で普通に生きて生活をしていた、
そういったひとりひとりの生活が、人生が、しあわせが、一瞬で・・・・・・!!


実際熱くて飛び込んだ川の光景など、何年経っても忘れられません。。。


現場では、現場を見て、人に触れて、思い考えるほど、胸が苦しくて苦しくて、涙が。

そして、いろいろなこと、いっぱい考えた。

伝えていきたいし、伝えていかなきゃいけない。

感じたこと、知ったことは、自分のものだけにしないこと。

もちろん、前からも思っていたことだけど、改めて思いました。

私が感じただけでも、ひとりに伝わったことにはなるけど、
それでは足りない。伝えていき、行動に繋がらないと、意味がないのです。

そして、その一環、途中のままですが>< ホームページに載せています。



NO MORE HIROSHIMA, NO MORE NAGASAKI, NO MORE OKINAWA

NO MORE WAR!!




私にとって、沖縄も相当!!な衝撃でしたが、今回は広島に絞りました。

また、平和については韓国での体験もまだ書けてないまま!><ワーン


あ?、こんなに長く書くはずじゃなかったんだけどな(;´д`)ゞ つい。。。




【追記】
地元宇都宮も、戦時中、「宇都宮大空襲」というのがありましたし、
県立博物館に、戦時中の様子や子供に頭巾など当時の格好をさせた展示もありました。

でも、宇都宮の場合は、子供が見ても、戦争のことはわかるけど、
ウッ!!(怖い!泣く!)とはならないような展示になっていました。

どういう展示をするかはそこの考え方次第だと思うのですが、
本当に、広島平和記念資料館は、「ウッ!!」となるもの。。。
実際はもっともっともっと悲惨だったのだろうけど、
それでも目をそむけたくなるような悲惨でつらい状況をありのまま出しています。

「怖い!」と本気で思ってしまったのは、シンガポールの同じような展示でした。
思わず「怖いっ!」って叫んで、前の友達の所に走っていってしまいましたもん・・・(。´Д⊂)
でもそこは、博物館的なものではなく、もう本当に歴史資料館的な存在だったので納得。
本当に大人向けだし、表現の露骨さが、また国の文化・考え方を表しているようでした。

沖縄の場合は、ビジュアル的なものではなく、体験談などの多くの展示をしており、
別の意味で胸が詰まるつらい、悲惨さがひしひしと伝わってくるもので忘れられません。
(私個人として日本の中の戦争体験で一番強烈なものが沖縄戦です。。。)

長崎には、加害者側の資料館と、被害者側の資料館があるようで、
まだ行ったことがないのでどちらも訪れてみたいと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 戦争・原爆 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  23:59 |  pico ☆ daily life  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●原爆の日
使命感に感心しました。
幼少の頃、移動図書館車で写真集を借りて来て見た瞬間ショックで食事が喉を通らない程の衝撃を受けた記憶が残っています。
被害者団体の救済が早期進展するようですね。
ヨッシー | 2009.08.07(金) 04:53 | URL | コメント編集
●おはよう(*^o^*)
世界平和。
核のない世界が来るといいですね。
まろたん | 2009.08.07(金) 09:13 | URL | コメント編集
●>ヨッシーさん
*・ω・)ノ*・ω・)ノ*・ω・)ノ.+゚*コンニチハ*゚+.

子供の頃はなぜだか勝手に持っていた使命感で(笑)
大学の頃などは平和の活動もしていたので、意識しての使命感にもなりました。

私の場合、ヨッシーさんのように衝撃的だったのは、
高校の時に出会ったアウシュビッツで、それ以来、生涯研究の大きいものになっています。
左で紹介している本もいっぱいありますが。
ポーランドには、いずれ一度行きたいと思っています。

うんうん、救済進みましたね。
嬉しいことですが、すでに亡くなられた方も多いわけですし、
いろいろな状況・立場で被害を被って、いまだ認定されておらず闘っている方も現実多く、
本当にもっと早い段階で全員にもうちょっと何らかできなかったものかと思ってしまいます。
難しい問題ではありますが・・・。
原爆でなくても戦争で亡くなられた方も多いですしね・・・。
でも原爆は、被爆して生きていて、被爆後の苦しみが尋常でないわけですから、
せめてそういう方に対して、ですよね!

戦争は、必ず弱者や一般市民が犠牲になってしまう。NO MORE!!
pico | 2009.08.07(金) 12:49 | URL | コメント編集
●>まろたんさん
*・ω・)ノ*・ω・)ノ*・ω・)ノ.+゚*コンニチハ*゚+.

そうですね!もう絶対してはいけないこと!!!
過去があって今があるわけなので、
過去から謙虚に学び、それを踏まえて、世界が本当に平和になりますように。
特に日本は被爆体験国として、なおのことですよね。
pico | 2009.08.07(金) 12:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。