2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.03/18(Fri)

3月17日 22:45‐2 携帯記 地震現況 宮城県から 






(→続き)


っていうか!!

そんなつもりじゃなかったんだけど、長く書きすぎなんですけど~(´Д`)

読んでもらえないかも…orz


本当は、

私も毎日必死に生きていまして、

一週間以上、ずっとほぼ寝ていない、
毎日無理矢理肉体労働でフラフラな上、
昨晩の寒さでさらに何倍も自分でもビックリするくらい上乗せに
か~な~り~消耗してしまい@@;

ここまでで自分でもビックリしすぎるほど、一番洒落にならない朝を迎えました

でも、今日は生きるために食糧など調達をしに、
営業する僅かなお店の中から、ある理由から狙いを定めたお店に
覚悟を決めて4~5時間、買い出しに行ってきたので、それを書こうと思ったんだよね

本当は、ライフライン壊滅のために必要な
ガスボンベが一番ほしかったのだけど、
やっぱりもうすでに在庫なくなり買えなかった~

ライフラインは、壊滅で、先が見えず非常に不安だったけど、
段々現状がわかってきたにつれ、
復旧の目処がやっと発表されてきてホッとしてきた次第なんだけど、

ガスは、見通しが出てから日に日に情報が変わり、どうも結局、
工場設備が被害甚大なため、確実に一ヶ月以上かかるとのこと

だからガスボンベは売り切れてしまって当たり前

水道も一ヶ月弱はかかる

ライフラインによっても、地域によっても状況が違うのと、
なぜか稀にピンポイントで使える家もあったりで(謎&混乱)、
家によってラッキーだったり羨ましかったりは各々あるけど、
当初は見通しすら立たなくて不安だったから、
今は、だいぶ先にはなるけど大体の状況と目処がわかったのは本当良かった!
水道の目処が今朝初めて出たため、拍手したもん!!

長引く分の燃料やら物資やらの調達は、半端でなく大変だけどね

ちなみに、電気は、明日18日で全戸復旧だって!!(´∀`)/
みんなが(「みんな」であることが重要!!)、
元の生活に近づく階段を平等に一段上ったラインに立てるから、
本当に本当に嬉しい!!!

携帯電話の規制も段々%が減ってきました!


でもこういう生活していると、サバイバルで、
段々ちょっとどこでも生きていけそうにはなってくる気がする(笑)

いかに水を使わないようにするにはどうするかとか、
「お一人様何点まで」の中で何をチョイスして買うかとか、
どんなことでも見通しを踏まえた上で熟慮して行動するから


そんなこんなで長い買い物後、車に戻ると結構な雪!!! エーッ
雪掃いて気をつけて運転して帰宅
結局、ピーク時、20cm位積もってビビった!

前日気温比、マイナス12℃って一体…

でも天気悪くても買い物に行くのをわざとやめないのがポイントで、
買えなかったものもあるけど、でも悪天候でも行ったからこそ
ギリギリgetできたものもたくさんあるから、頑張って良かった!


報道では、避難所のことしかほとんどやらないですが、避難所も本当に本当に大変だけど、
余震や倒壊に脅えながら、
ギリギリ自宅にいる人もたくさんいて、頑張っているんです

うちの一番近くの避難所は、前に書いた通り、
最初は普通に受け入れていたのが、物資不足もあってか、
早い段階で体の不自由な方などのみの受け入れになってしまい、
そうなった日の夕方に追い出されて帰るらしい渋い顔をした家族などを何人か見ました

次の日には、他と合併になってなくなりました


自分が被災してわかって、単純に、なんで~って本当に思ったんだけど、
配給なんてありません 物資なんてこない
テレビで見るような普通にイメージする配給や炊き出しなんて幻

単に物資がないからなのか
結局、備蓄も少なかったのか

物資もなく、被災者が被災者を支える限界
あらゆる面でまかない切れなくなったのもあったんだと思う


もちろん避難所でもろくに食べられていないのはわかっているので、
もし配給や物資があっても、自分が食べられなくても、
子供やお年寄りや弱っている人たちに優先して、
物も食べ物も行き渡るようにしてほしいと心から思っています!

でも、校庭や公民館で、
物資が届いて、並んでもらう光景みたいなのは、
本当に「理想」であり、実際には、行き届かないのが現実なんだとわかった

実際、こんな想定外の大規模地震が起こり、
津波・原発など次々と大きな問題が起こり、
役所もつぶれたり連絡もつかず、
地域も政府も状況の把握ができない、今も間違いなくできていないし、
今回は、救助だって何だって、する側も
どこから何から手を付けていいかわからないのが現実だと、本当に思います


もちろん、可能なかぎり、自分たちでギリギリ限界まで頑張ります!


ただ、本当に最後の最後の頼みの綱の存在だと思っていた避難所、

配給や炊き出しも、ここまでの状況になったら
さすがにサポートしてもらえるものだと思っていたから、

ビックリした、というのが素朴な正直な感想です



自力で水や物資をとにかく体力気力振り絞って調達するのも実はかなり大変で、
一日一日ギリギリ生きていかないといけないけど、

でも、給水だけでも本当ありがたくて、うちの地域に一箇所の給水所には、
同じ地域の中でも遠~~~くの場所からでも、
ガソリンを使えない家庭も、ガソリンをあえて使わない家庭も、
歩いて歩いて毎日重くても給水にきています

水がないというのは、命に関わります

みんな、生きるために、本当に頑張っています


段々ボランティアも入ってきてくれているみたいです

被災者が被災者を支える限界からも
段々抜け出せてくるかもしれません

ライフライン、物流、
みんなが一日でも早く元の生活、笑顔に戻れますように!!




テレビの報道は、ありがたいと思う面と、
偏りすぎだと思う面が非常にあると感じることが否めません

こちらから見ると、パニックを引き起こして、煽っていると感じる番組も多い

計画停電についても、協力を促すことなく否定的な報道の仕方しかしないテレビ

何でするかわかっているんだろうか?

3時間しんどいのはわかるけど、あくまで計画的なもので、
一ヶ月とかではないんですよ?

病院にはきちんと連絡していると言っていました
どうしても無理な場合は外すこともできるはずで、
あとは、一人一人がちょっとだけ、本当にちょっとだけ、
我慢してもらえるかどうか
大変なのはわかる、でも、
日本がそのくらい緊急事態ということをわかっているのだろうか?


『真っ暗です』

 ↑
このヘリコプター中継、いる?

停電なんだから、当たり前
私からすれば滑稽すぎて言葉も出ません
その中継にかかったお金と燃料を返せ!と本気で思う


『計画停電で寒くて暖房が我慢できない、朝方何℃だった』

ポカーン・・・・

被災地では何日も暖もとれず、
真っ暗で寒くて怖くて震えているんですよ?

そちらより低い、氷点下にもなって、
低体温症などで何人もすでに亡くなっているんですよ?

たまたまついていたチャンネルだったけど、
(節電はしつつ、緊急地震速報を逃せないので、
 携帯電話は絶対身から離さず、
 何をしていてもテレビかラジオは必ずつけています。)
ラジオ代わりにしても、さすがにあまりにも不愉快で我慢できなくなって、
つけていたテレビのチャンネル変えました
こんなこと初めてでしたが

テレビの場合は、
情報がほしくても、今の段階では、番組は選ばざるを得ません
特にタレントさんの出る番組は


石原都知事の天罰発言もそうですが、
被災真っ只中の人全員に対して、もう少しだけでも、配慮ができないのでしょうか 軽すぎます

同じレベルになってしまうので、これ以上書きませんが、
こういう意味のわからない番組は、疑問を通り越して、憤りしか感じません


『頑張りましょう!』

それをきちんと強いコンセプトにして、被災者寄りに、
日本全体の問題として番組を作っているかどうか、すぐわかります


また、ちょっと話がずれますが、昨日たまたまテレビで見てビックリしたのが、
東京都心の買い占めのニュース

開店とともに備蓄に買い占めに走る映像

その中で、お店のPOPが映ったのを私は見てしまった!!!!


『3月11日 大地震発生』

(゜Д゜)!!!!!!!!!!!!!!!

明らかに、煽っている内容
しかも、見るからにでかでかと、「売り」に走っているPOP

そして空っからの商品棚


ビックリするより、ガッカリしました


報道に関しても、現地リポートは実状を伝える意味でありがたいのだけど、

明らかに報道する場所も内容も偏っている

つまり、それだけ見ていると、
まったく知られていなかったり、逆に平気だと勘違いされてしまっている場所もあります

もちろん行き届かないのはわかっています
23時間かけて現地入りしたというアナウンサーもいましたし、
気を遣ってのインタビューや現場、本当に体力クタクタだと思います
命懸けで報道魂で来て下っているのも承知しています
ただし、テレビの情報がすべてではないということもあります
そこだけ、気に掛けてテレビの情報を見てほしいです

実際にとにかくライフラインが戻って、ある程度落ち着かないと、

地域としても国としても、どこがどうなっていて、何がどうなっているのか、

把握のしようがないくらい手が足りない被害甚大すぎるのは、

現地にいて本当に重々実感しているので、痛いほど理解しています!




また、書き方を間違うと誤解を招くので具体的には書きませんが、

その件に関しては報道で騒ぎすぎ、
そこまで騒ぐ話題ではない、粛々とすべきと思う件もあります

それに、しっかりした稀な番組でない限り、
ほとんどがコメンテーターやタレントが好き勝手なことを言っていたり、
「今後の対策するなら…」という話をするなどしていて、
現地真っ只中からすれば、
まったく白けた的外れなことにしか聞こえません…

これから将来被災する可能性についてももちろん大事ですが、
今、死ぬか生きるかで限界の人たちがたくさんいる中、
「今」、生きられるか!!!!!

それを真剣に考えてほしいです

映画の中のことでもなく、遠い世界のことでもないんですよ!!




また長くなってしまった…

被災地のど真ん中で、blogで叫ぶ!!!

叫びたいことはまだまだありますが、

長くなりすぎなのでいったんこのへんで




私は、何回も泣きました

自然に涙が出てきてしまう

ラジオで聞いた、全国からの応援メッセージ、

特に、神戸の方からの暖かいメッセージが多く感じました

前だけ向いて、うしろは向かないで今は気力だけで進むしかない時!!

でも…

そんな時に、心にしみるメッセージ、涙が止まりません

実は今回の件で初めて見たんだけど、

朝のNHKの、いのっちの番組、

この番組はものすごくかなり良質な番組でビックリした!!!

他の番組とは全然違う!!!

本当に必要な実用的な情報をしっかりやってくれて、何て心のある番組

まさに視聴者がすべてで構成されている番組

こちらでは、本当に通常の番組では絶対にやらない、
本音で届いている被災者のメッセージまでしっかり取り上げてくれる貴重な番組

応援メッセージでは、また…(´;ω;`)涙

この番組は、完全に、

『頑張りましょう!』のスタンス


新聞欄も然り…



それに、県外の友人知人が、家族含めて、

「うちに来ても大丈夫だからね!」

と言ってくれたり… (´;ω;`)ウゥッ

こんな有り難いことはないです




地域関係なく、

『頑張って』

じゃなく


『頑張ろう!!!』


被災地だけでなく、日本全体で、

一人一人みんながこの気持ちで、「一枚岩」で、

この難局を乗り切っていきたいです!!!




頑張りましょう!!!!!

頑張れる!!!!!

日本人は強い!!!!!






※携帯から&集中力がなく、本当に読みにくくて申し訳ないです ごめんなさい!

(3月17日 22:45←書き始め 携帯記)
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : ニュース

【編集】 |  15:21 |  東日本大震災  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●応援
被災経験者だからこそ労りを弁えた言葉というものを発せられることをつくづく痛感した次第です。本来「頑張って」のこの言葉は軽々しく被災者には使うべきではないのではないかと自問自答することがありました。ですがやはりとても心強い大事な言葉にかわりありません。

電気の無い夜。辛く大変な数日間でしたよね(>_<)
ヨッシー | 2011.05.25(水) 21:38 | URL | コメント編集
●>ヨッシーさん
そうですね~。
テレビや新聞などでも、たまに、被災者に対する言葉のかけ方など取り上げられたりしますが、
難しいですけど、本当に最大限できる限り配慮した上での関わり(言葉がけ、態度など)が重要ですよね!

私も震災以来、ものすごく言葉に関して、普段以上に、めっちゃ!!!!!!敏感になりました!!!
新聞は特質上もあり問題ないですが、特にテレビは、かなり選ばないと観られません。
そこまで考えていない一言や態度でも、
それでどれだけの人が傷つくか、または励ますことができるか、
こういう時だからこそメディアとして本当に慎重に扱い、考えてほしいです。遊びじゃないんです!!
被災者同士での言葉のかけあいは、違和感なく、一番しっくりくるというのはありますね。
(紛れもない共同体なので・・・)
pico | 2011.06.18(土) 00:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。