2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
2011.11/19(Sat)

雄大な自然と歴史のまち☆ 

1118-1010460★-0
※ クリックで拡大!
↑猪苗代湖                              磐梯山→


先月、10月後半、福島県の猪苗代です。

左に猪苗代湖、 写真には入っていませんが右に磐梯山という絶景の中、

夕焼けがとってもキレイでした~ (ぜひ写真をクリックしてご覧下さい


福島県はふるさとのひとつですが、猪苗代は何年ぶりかで行きました。

当時のホームページの日記にも載せてあるけど、大学時代の仲間たちと何年か前に行って以来!
その時に行った場所などは、当時を思い出したりして、懐かしかった~!

猪苗代出身の仲間も実際そうだったんだけど (さすが、スキーが国体レベルだし!) 、
本当に、自然がいっぱい! 磐梯山ででででっか~い! 雄大な自然にぐるり囲まれていて、
『ここで育ったら、ホント、のびのび育つだろうな~』 とつくづく (´ω`)


こちらは、桧原湖です。

1118-1010296★-0
※ クリックで拡大!

紅葉狩りの時期だったこともあり、避難してきている人たちものレジャーもあり、

特に眺望する所は、どこに行ってもシニア層で 超ひしめき合っていたんだけど @@;

いや~、実はここ、桧原湖だけはとてもショックだった場所でした。

震災後、松島には2回行きましたが、被害はありつつも、カモメも元気、遊覧船も運航!
行く度に、少しずつ開いているお店が増えたりしていって、観光客も徐々に来てくれています。
できるところからでも頑張る!!負けないぞ!!という、半端ではない強い強い頑張りが
すごく滲み出て伝わってきて、そういう活気で、ものすごく溢れているんです!!

逆に、ここでは、風評被害がいかに甚大かを目の当たりにしました。

軽い気持ちで、遊覧船に時間が合えば乗りたい~ と思っていたので、
遊覧船のあたりに近づくと、おじさんが声をかけてきました。 
ベンチに座って暇そうな感じでくつろいでいたので、一般人かと思いきや、船乗り場のおじさんでした。

『遊覧船? 何人? 出ないよ、乗る人いないから!』

え・・・

見れば、ここにはシニア層のみなさんはいません(´;ω;`)

年齢問わず、ぽつんぽつんと人がいるくらいです。 (観光客、犬の散歩の人など・・・)

確かに2~3人じゃ無理!5人いても無理! (大赤字!)
大型バスで船いっぱいになる人数がまとまって来ない限り、無理です!
松島みたいな大きい遊覧船に、ずらり並んで、ぎゅうぎゅう乗るには程遠い光景でした。

船は目の前にあるのに・・・ スワンボートもこんなにたくさんあるのに・・・

素敵な景色の場所なのに・・・

ちなみに、小型の15人乗りくらいのオートボート(っていうのかな?)だと、
1人だろうが2人だろうが、5000円くらいだったか払えば、乗せてもらえるようでした。
(チャーター的な感じですよね。)
でも、結局、それしか桧原湖で船的なものに乗る術がないので、
観光に来たおばさんが、「もう乗れないかもしれないから乗るわ!」 と乗りに行っていました~。

なんだか、松島のこともよぎって、悲しくなりました。

特に遠ければなおのことかもしれませんが、地理的に細かくわからないと、
「福島県」と言えば一括りに、浜通りでも会津地方でも、一緒くたなんだとは思います。

私にとっては、福島は、自分にとってふるさと的な場所、
身内、親戚、友人知人と、今も避難や大変な暮らしをしている状態ですし、
行くのも何の躊躇もないし(実際、震災後も何度も行っています)、
そもそも仙台なんて福島第一原発から近いので、普通に運命共同体だという意識です。
(実際に福島原発からの距離は、会津地方と同じくらいか むしろ仙台の方が近いんですよ~。)

でも、違うんだなぁと。

散々わかっていたつもりだったけど、それでも、やっぱり。

それが、現実なんだなぁと。

船乗り場のおじさんの諦め切った顔、やり切れない表情・・・ 

実際に、福島での苦労は、福島の人にしかわからないと思います。

風評被害を助長してないか?という、一見よさそうに製作されたテレビ番組や、
東北・関東・東海の水は飲めないからと、九州のペットボトルの水を取り寄せている関東の人、
ネットで目にするたびに目を疑う、怒りを通り越す、多くの心ない軽々しい不謹慎な書き込みなど、
正直、言いたことはこれまでもいっぱいあったし、今もある。
それをいちいちは言わないよ。 基本、性善説のワタシだし!

でも、実際に、今まさに、その、「福島」に住んでいる人がいるんだよ!ってことは、
わかってほしい。

そういう人たちに配慮した行いを、してほしいです。 一般人も、メディアも。

自分が住んでいる地域がどことか関係なく。 (もちろん私も。)

見た、聞いた、福島の人たちが、どう思うか? 考えてほしい。 勝手していいには時期尚早すぎます。

特に、関東の人は、福島原発から電力供給されているんだよ。

目に見えない初めての脅威が怖いのもわかるし、悪く思っている人ばかりではない、
支援もいっぱいしていただいて、それは本当にわかっています。 感謝してもしきれない!!m(__)m
だから、いちいち言わないの。

でも、こんな時だからこそ、ひとりひとり、言動には配慮と責任を持ちたい。

こんな時だからこそ、 日本人、腐っちゃいけないと、思います。



残念ながら、この時、天候にあまり恵まれなかったんだけど、晴れ間が出ました~ 磐梯山!

1118-N1220-00.jpg
※ クリックで拡大!


宮城県では、震災後のこのテレビ画面の周囲の情報部分は全チャンネル5月中には終了しましたが、
福島県では、この情報部分で、日テレの夕方のニュースの時に今も原発の情報が流れています。
全国ニュースには乗らないような、非常に細かい情報まで流れてきます。
非常時であり、原発情報は、どんなことでも県民が常に把握していたい(しておくべき)情報ですよね。 
この情報部分が今もあるのは、福島県だけです。

1118-1010473-0.jpg



おまけ
福島に限ったことではないので珍しくないかもですが、
山の中にあるコンビニや郵便局などは、景観を損なわないように、色が工夫されていますよね。
ここを通るといつもキョロキョロ見ちゃいますw

1118-1010283-0.jpg


桧原湖で、ワイワイ遊覧船に乗る日を願って、また来るよ~猪苗代~ ヾ(´∀`*)ノ



ちょっと関連して。

10月に、福島県三春町の福聚時(ふくじゅうじ)住職の、玄侑宋九さんの講演会に行ってきました。
仙台で開催されたのですが、たまたま当選したけど、競争率がすごかったとか・・・。

もちろん、震災、原発関連の話メインです。

自然のことや歴史のこと、
また、こういうことになるまで話題にならなかったことだけど、
実際は、バナナを食べるだけで普通に40ベクレルなんだよという話など。

世界遺産の影響もあって、東北では今、平泉が人気らしいのですが、
それも、飛行機で行く観光が潤っているんだそうです。
意味わかりますか? 「通るのも・・・」ということらしいです。 ビックリ!
そんなお話もされていました。

最後に、『風流・ゆらぎ』というメッセージを伝えてくださいました。
例えば、震災でいうと、今回の震災と、少しも違わずまったく同じものがまた来るということはない。
次はもっと大きい地震・津波かもしれないし、違う形かもしれない。
防潮堤にしても、際限なく高くできるか? できないですよね。
だから、「対策」をガチガチにするよりも、「その時にどう対処するか(できるか)」の方が大事と。
(※ 「対策」を否定はしているわけではないです。)

生きているといろいろなことが起きる。
私たちは、その「ゆらぎ」の中で生きている。
「ゆらぎ」を楽しんで生きてください。

と、ニコッとしておっしゃっていました。

なるほど~!

この間、みんな過酷なことも多かった中ですが、
まさに大変な状況の当事者である玄侑さんにそう言われると、余計に、
なんというか、ちょっとほっこりというか、ふっと顔がほころぶというか、
こんな状況でも、楽しむ余裕・余地があってもいいんだな、
楽しめる余裕って大事だな、ああ、顔しかめっつらで頑張っていたな、と、
長く必死に踏ん張ってきていたところに、気付かせてくれた、そんな目からウロコな感じでした。

一番前の、バリバリ目が合う席で休憩なしで聴いていたので、ちょっと固まったけどw
お忙しい中、仙台に来てくださって感謝、
なるほど~!な気付きがあって、目先が変わり、視野が広がって、本当に行って良かったです。



長くなっちゃいました~ ( *・ω・)*_ _))ペコリ
ボーっとした状態で書いた挙句、ガッツリ読み返せていないので誤字脱字あるかも~><
(若干、修正や書き足ししました。)
全部読んで下さった方、
ヾ(´□`)ノ【゚+。oアリガ㌧o。+゚ヾ(´□`)ノ


スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : ニュース

【編集】 |  00:00 |  仙台&全国御当地 ☆ 観光  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●絶景
額に入れても申し分ない程の名写ですねo(^-^)o
それにしても甚大深刻な風評被害。同県というだけで嫌煙される固定観念というべき人間性。外国人の方が日本自体から避難もあった程ですもんね‥。遊覧船は幼少の頃に乗った記憶がある以来‥。松島とは現時点で異なる現状。

説法は為になるようですねf^_^;なかなか実際直に聞く機会というのは稀ですが。寂聴さんも年内一杯講演されているようですね。
ヨッシー | 2011.11.27(日) 13:56 | URL | コメント編集
●絶景の地方の人
久しぶりに遊びに来ました。
picoさん元気にしてましたか?
震災以来なにかと生活も激変しましたが
なんとかやってます。
久しぶりに猪苗代で遊んだことを
思いだし、コメントしました。

また、ふらっと遊びに来ますね。
884 | 2011.11.28(月) 23:31 | URL | コメント編集
●>ヨッシーさん
説法・・・言われてみれば確かに説法なんですね~。
NHKで瀬戸内寂聴さんの青空説法の番組も観ましたが、
意識していなかったけど、確かにこちらもタイトルが説法ですね。
特に何かの宗教を信仰しているわけではないけれど、
人間、行き詰った中から、何かにすがりたい、救いを求めたいと思うのは、
今回の震災を経て、至極自然な姿に思えました。
生きるためのひとつの術というか、何というか。
(だから宗教などが発展してきたのだとは思いますが・・・。)
pico | 2011.12.27(火) 23:24 | URL | コメント編集
●>884殿
ご無沙汰です!
本当に、一変どころか、激変!!

今日、たまたま、ママのおなかの中で震災を乗り越えた
赤ちゃんに初めて生で会えました。
実家が飯舘村で帰れない妊婦さんで大変だったりしたけど、
紆余曲折の末、無事産むことができて、
今こうして無事ニコニコ笑っている赤ちゃんの笑顔を見ることができて、
しみじみ・・・&こうできる喜び・幸せは大きいなぁとつくづく思いました。

みんなで行った猪苗代、懐かしかった!楽しかったね!
また集まりたいね。
覗きに来てくれて嬉しかったです!
体にだけは気をつけてね。
pico | 2011.12.27(火) 23:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |